熊本の注文住宅メーカーではパッシブデザインの住宅が人気です

熊本の注文住宅メーカー・有限会社マリソンホームは、環境に配慮した先進的な住宅をご希望のお客様に対してパッシブハウスを推奨しております。
パッシブハウスとは、光や風等を上手に取り入れることによって、暖房に頼る必要のない省エネな居住空間を実現する住宅の事を指します。パッシブハウスは単なるコンセプトではなく、数値による明確な条件が存在いたしますので、詳細を知りたい方は熊本の注文住宅メーカーまで気軽にご相談ください。

パッシブデザインとは

パッシブデザインとは、1年を通じて、

 

小さなエネルギーで心地よく暮らせる

 

住まいをつくるための設計技術。

 

そうした住まいが実現されれば、

 

寒い、暑い、風が通らない、暗いといった

 

ストレスから解放され、光熱費の負担も小さくなります。

冬暖かい住まいを実現するには?

建物の中にある熱をしっかり守ること、つまり建物全体の「保温性能」を上げることが何よりも重要です。そのために壁・天井・床・窓の断熱仕様を考え、一定以上の気密性能を確保します。

次はできるだけたくさんの日射(太陽熱)を採り入れることです。太陽熱で暖められた部屋の心地よさは格別です。さらに蓄熱性を上げることも大きな効果があります。いわゆる高断熱・高気密住宅とPassive-Design Houseの最大の違いは、建物の性能の向上だけでなく日射や蓄熱のことも考えながら設計に向かうところです。

夏涼しい住まいを実現するには?

まずはできるだけ夏の強い日差しを室内に入れないことが重要です。ここが不十分だと、どうしてもエアコンに大きく頼る住まいになってしまいます。そのために庇や軒の仕様を考え、日除け効果の高い装置を窓まわりに設置することがポイントになります。

次は風通しです。敷地によく吹く風向きがあるかを把握し、建物の中での風の流れを考えながら窓の配置や大きさを決めることが重要です。風通しの善し悪しは、夏だけではなく春や秋といった季節での心地よさも左右します。

自然光で明るい住まいを実現するには?

たくさん窓を設ければ明るい住まいになるのは当然ですが、そうすると冬には熱が逃げやすく、夏には日差しが入りやすくなってしまいます。採光や外観デザインとのバランスも考えながら、すべての部屋に自然光が入るように、吹き抜けを設けて光を落としたり、欄間や室内ドアから光を通す設計の工夫を検討します。

「暮らし省エネマイスター」がナビゲートするパッシブデザイン

有限会社マリソンホーム 代表取締役 内山栄一

2015年の夏のことでした。友人の紹介でパッシブデザインの勉強会に参加しました。

そこでパッシブデザイン協議会理事長の野池政宏氏と初めて出会いました。

「パッシブデザイン」という言葉は住宅業界でも出始めていたので、言葉だけは聞いたことがありました。私たちのご提案というのはそれまで、経験や勘といったもので家づくりをさせていただいてました。もちろん庇の出などは外観のバランス程度で決めていたりしたんです。

しかし、パッシブデザインの内容を聞いてみると「家づくり自体、設計自体に根拠が必要なんだ」「家づくりを科学してこそ、本当に快適で省エネな家づくりができるんだ」と衝撃を受けました。

実際にモデル住宅用に自宅を高気密、高断熱建築しました。夏は熱ごもりをしてエアコンを付けなければ過ごすことができません。

現在日本の家づくりは『ゼロエネ住宅』といって、気密性、断熱性能を高めて、家に太陽光発電を設置し、消費エネルギーと同等のエネルギーを作り出す家を新築全棟を目標としています。

そういった時代の流れにそのまま乗るのではなく、パッシブデザインという設計手法を取り入れていくことで、オーナー様が快適に、そして省エネに過ごしていただくことが可能になります。

しいては、そんなオーナー様が増えることが日本全体のエネルギー消費量を無理なく抑えられることになる。

家づくりをサポートさせていただきながら、快適省エネ社会に寄与できると考えています。

パッシブデザインで行う5つの項目とバランス
1.断熱

機械に頼らず、太陽光、熱、そして風といった「自然エネルギー」をそのまま利用し、快適な住まいづくりをしようとする設計思想・設計手法のことを言います。自然の光や風を上手に活用し、室内を冬あたたかく、夏すずしくするため、電気やガスなどへの依存率が減少し、省エネでありながら快適で健康的な暮らしを実現することができます。建物そのものが快適性を生み出します。

2.日射遮蔽

「夏は涼しく」を実現するために、何より重要なのが日射遮蔽です。

ポイントは、窓から入る日射を最大限に少なくすることです。このポイントをしっかり押さえることで、より冷房エネルギーや夏のエアコン代を削減することにつながります。

3.自然風利用

身体に風が当たると涼しいと感じますが、その効果を取り入れた手法です。また、建物の中にたまった熱を排出させる働きもあります。

自然風利用のポイントは「外気温が低い時に風を取り入れる」なので、真夏は夜間に、その前後の季節は日中も夜間も行うことで、より有効になります。

4.昼光利用

昼間の太陽光をそのまま光として利用し、人工照明に頼らず、室内を明るくする手法です。

居室にはできるだけ2面以上の採光が取れるように設計します。また、1階南面から採光が難しい場合には、吹抜けなどのプランなども計画します。

5.日射熱利用暖房

冬場、断熱性と蓄熱性を一定以上に高めた建物において、窓からたくさんの太陽熱を入れ、蓄えられた熱を夜間の暖房として使う手法です。

「集熱」「断熱」「蓄熱」この3つのバランスをうまく整えることで室温変動が小さくなり、快適性が向上し、暖房エネルギーの削減につながります。

熊本の実績豊富な注文住宅メーカー・有限会社マリソンホームは、専門のデザイナーによるハイクオリティーでおしゃれなデザインの住宅をご提案しております。住宅をはじめとする建築物のデザインは、時代に応じて段々と変化していくものですので、しっかりと検討を重ねて今の時代に合ったデザインを行う必要がございます。お客様のライフスタイルやご要望、そしてご予算に合わせて最適なデザインをご提案しておりますので、安心してお任せいただけます。
また、熊本の注文住宅メーカー・有限会社マリソンホームは、現代社会における最大級のテーマである環境問題に配慮した省エネ設計の住宅も設計しております。現代の流行に合わせたモダンでおしゃれなデザインと先進の環境性能を備えた住宅をご希望のお客様は、ぜひお電話やメールにてお問い合わせください。